体を温めることで薄毛、抜け毛の予防

スタッフの野島です。

 

 

今回は自宅でもできる薄毛、抜け毛予防です。

 

体を温めると薄毛、抜け毛予防に

良いといわれますが、

なぜいいのでしょうか。

 

1つは血行促進による効果です。

 

そして、もう1つは

ヒートショックプロテインが

増えることによる効果です。

 

ヒートショックプロテインとは、

熱というショック(刺激・ストレス)

を与えると増える

タンパク質のことです。

 

 

人間の身体は水分を除けば

ほとんどがタンパク質。

 

ストレスや病気で傷ついたタンパク質を

修理し、元気にするのが体の中にある

「ヒートショックプロテイン」です。

 

 

ヒートショックプロテインが

増加・活性化するとどうなる?

 

◆コラーゲンの生成・修復 

 ⇒ 17型コラーゲンが毛髪の成長に深くかかわっています。

 残念なことにサプリなどでは摂取ができません。

 

◆細胞を守る。

 ⇒ 脳・神経の機能維持もします。

 

◆体をストレスに強くする

 ⇒ 免疫細胞の活性化

 

◆がん細胞等を運び、免疫細胞に知らせる

 

◆傷ついた細胞を修復する

 

 

 

ヒートショックプロテインを増やす

簡単な方法は?

 

ヒートショックプロテインを増やすには

 

熱めのお風呂に

週2~3回

15分&入浴後20分保温

がおすすめです!!

 

 

Step1.

40℃(20分)~42℃(10分)のお湯に入浴し、体温を38度に上げる。

 

Step2.

入浴後は20分その状態をキープ!(冷たい飲み物は厳禁)

 

Step3.

自然にクールダウン(湯冷めには注意!)

 

体温が38度以上になった場合、

ヒートショックプロテインの発現量は

2日後にピークになることが分かっています。

 

 

つまり

週に2、3回

熱めの温度で

15分ほど湯船につかる。

これだけで

薄毛、抜け毛の予防になります。

 

 

ぜひ試してみて下さい!!

 

関連記事

  1. 35歳男性の発毛実績!健常時とほぼ同等な状態まで発毛!!

  2. ここまで差がでるケイ素の力

  3. 20代男性発毛コース施術開始!AGAは頭皮の改善から

  4. 頭皮のための正しいシャンプーの仕方

  5. 発毛リポート !!

  6. 薄毛の部位と五感の関係