【男性必見】薄毛と腸の関係

腸が汚れていると

腸の腐敗菌が血液にのって

体にまわってしまうので

腸のデトックスが大切です。

 

という記事は前に書きましたが、

腸を健康に保つことが

薄毛の予防にもなる理由が

もう一つあります。

 

生殖器との関係です。

生殖器は腸から分化した臓器だそうです。

 

胎児の臓器は

先に腸がつくられ

8週目になると

腸にくびれができ

生殖結節になります。

それが男性器、女性器へと発達していきます。

 

ですので、生殖器は腸の働きと連動しています。

 

 

 

生殖器は性ホルモンを作るところです。

男性なら男性ホルモン

女性なら女性ホルモンですね。

 

この性ホルモンは薄毛に関係していますので

生殖器の働きがきちんとしていないと

性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。

 

 

この腸と生殖器は副交感神経が優位のときに

働きを高め、交換神経の時には活動を抑えます。

 

交換神経とは活動時に働く神経で、

副交感神経は休息時に働く神経です。

 

つまりリラックスしないと働きが鈍くなるのです。

 

 

 

しかも、生殖器を活性化させる

「幸せホルモン」と呼ばれるものがあります。

「好き」という気持ちや性欲が幸せホルモンです。

 

この幸せホルモンの材料となる

前躯体は腸内細菌で作られます。

 

つまり腸内細菌が元気でなければ

幸せホルモンが減り

生殖器が活性化しませんので

性ホルモンの分泌も減ってしまいます。

男性ホルモンが減るなら

薄毛が治っていいじゃない。

と思った方

ちょっと待ってください。

 

男性ホルモンは

やる気、行動力、筋肉や骨をつくる

とても大切なホルモンです。

 

 

薄毛の原因となるのは

悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)です。

これは5αリラクターゼが過剰に分泌し

男性ホルモンと結合すると悪玉男性ホルモンとなります。

 

お薬やサプリで抑えているのは

5αリラクターゼです。

 

 

性ホルモンは正常分泌がとても大切です。

 

 

ではどうすればいいのか。

 

腸を元気にし、腸内細菌を活性化させるには

食事は「腹八分目」にして下さい。

 

 

そして、腸内細菌が好きな

食物繊維の豊富な

海藻類や野菜を多く摂ってください。

 

 

薄毛の予防は腸からですよ。

 

 

参考:55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由 藤田紘一郎著

関連記事

  1. 本年もよろしくお願いします。

  2. 50代男性の発毛経過 1年1ヶ月

  3. 発毛に必須 角栓ジェットの威力

  4. 薄毛の悩みを解決して育毛・発毛へ!髪の毛って何本あるの?

  5. 日光浴で免疫力を高める!!薄毛・抜け毛防止にも太陽光線が効く…

  6. 発毛実績 5か月で。40代男性のT様