続 ストレス解消の簡単な方法

前回の続きです。

 

ではよい睡眠を取るための方法です。

 

【部屋を暗くする】

日中になるべく太陽の光に当たるようにしてください。

日光に当たることにより

メラトニンの分泌が正常にもどりやすくなります。

メラトニンは体内時計をコントロールし、自然な眠りに誘うホルモンです。

 

通常は日が沈んだころから血中濃度が増え始めますが、

夜中まで人工照明に照らされた状態では

分泌のタイミングが遅くなることがわかっているそうです。

眠れない人が多いのは、メラトニンの分泌タイミングのせいです。

 

自然の光に当たるだけで体内時計が正常に戻りやすくなります。

 

そして、寝るときは部屋をなるべく暗くしてください。

アイマスク、耳栓を使用するのも良い方法です。

 

 

【昼寝】

NASAの実験でも睡眠不足の人に1回40分の昼寝でパフォーマンスが改善し、

注意力は完全回復を見せるなどの効果が確認されています。

多くのデーターでは15~30分ほどでリフレッシュ効果が得られています。

 

昼寝が苦手な人は、とりあえず10~15分だけ目を閉じて何もしないだけでもいいです。

 

【運動】

ウォーキングなどの運動を、週に2~3回のペースで行ってみましょう。

日が沈んだあたりから心地よい疲れを感じるぐらいが、睡眠の質を上げる最適の運動量です。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

知っているのとやってみることは違います。

睡眠不足を感じている人は

ぜひやってみてください。

 

 

 

参考:最高の体調 著:鈴木祐

関連記事

  1. 生え際の薄毛・AGA!発毛しにくい生え際で明らかな発毛!!

  2. 薄毛・抜け毛・AGAに悩んでいる方へ!頭皮のクレンジングが育…

  3. いい髪の毛を育てるには頭皮から

  4. 育毛・発毛のために必要なケイ素 8つの効果 その2

  5. 20代~50代の女性の発毛事例をご紹介

  6. 血流を良くするとても簡単な方法