育毛するには体の中の意外な「アレ」を減らすことが大切

育毛剤を使っても効果があまり感じない人

もしかしたら、体の中の「アレ」が多いかもしれません。

 

 

体の生命維持の優先順位として

髪は最下位にあります。

髪に流れてくる血流は

他の内臓などの重要器官にいきわたってた後に回される

ということです。

 

東洋医学では髪は「血余」と言われます。

他の器官で余った血が髪に回ってくるので「血余」です。

育毛のためには髪まで血液が回るようにしなくてはなりません。

 

 

 

現代の人は昔の人と体の炎症状態がかなり違います。

今の人たちのほうが体の中の炎症が多いのです。

 

その原因の一つに内臓脂肪があります。

この脂肪は体にとっては異物でしかありません。

内臓脂肪が増えると免疫システムを動かしはじめ

内臓脂肪が分泌する炎症性物質が臓器に炎症を引き起こします。

 

これが減らない限りは

体がじわじわ燃え続けて

炎症物質で傷ついた血管や細胞が

動脈硬化や脳卒中の原因となります。

 

炎症が起こり続けると、体はそこに対応するので血液が余ることが少ない。

血管が傷つくので更に血液が運ばれにくいということが起こります。

 

なので体の中の炎症を少なくすることが、育毛の道へとつながっているのです。

 

 

 

ではどうすればいいのかというと。

みなさんお分かりになっていますね。

そうです。食事と運動です。

まずは運動で炎症の原因の一つの内臓脂肪を減らすこと。

筋肉量を増やして血液が流れやすい体にすること。

野菜を多く摂り老廃物を排出しやすくすること。

が大切になってきます。

 

 

髪の毛は頭部だけ考えていても生えてきません。

体の調子が整うと育毛しやすくなります。

ぜひお試しください。

関連記事

  1. 毎年恒例の十日市

  2. 【大宮と新宿で話題のOcTa発毛】お試し発毛体験で何が分かる…

  3. 発毛6ヶ月コースの施術-川越市 30歳男性

  4. 30代男性 4ヵ月で発毛

  5. 生え際(M字)の発毛・育毛実例

  6. 発毛実績 60代女性-元の綺麗な髪が蘇ってきました!!