シャンプーは毒??シャンプーを選ぶときは成分を

日ごろの洗髪でどんなシャンプーを使っていますか?

ほとんどの方が、ドラッグストアやスーパーなどで市販されている

大手メーカー製の物ではないかと思います。

 

実は、一般のシャンプーには30種類近くの有害な化学物質が含まれており

その中でも特に界面活性剤や防腐剤には非常に強い細胞毒性があります。

それらが、10万個近くの頭皮の毛穴から体内に吸収され全身の健康を蝕んでいるという

重要な事実(経皮毒)について、あまり深く認知されていないようです。

 

そもそも皮膚(頭皮)は、毛穴から汗や皮脂などを体外へ出す「排出器官」であり

外から何かを受け入れるようにはできていません。

なので、口や胃のような自浄作用を備えていなく、含まれている有害な成分は

ダイレクトに体へ吸収されてしまうのだとか。

 

毎日のシャンプーで「毒」は少しずつ体内へ蓄積し、やがて年月を経て大きな健康被害へと

つながっていきます。専門家によると、女性は子宮に毒素が溜まりやすく男性は肝臓に毒素が

溜まりやすいそうです。

女性の子宮に毒素が蓄積すると、生まれてくる赤ん坊にその毒素が遺伝していくため

女性は特に深刻です。

 

シャンプーを選ぶときは、徹底的に成分にこだわったほうがいいようです。

 

bar_left_banner

『お試し体験コースのご予約』

OcTaWELLNESS発毛センター大宮駅前店
TEL: 0120-8260-99(質問やご相談もご遠慮なく)
営業時間

平日    10:00~20:00
土日祝日 10:00~18:00
定休日   水曜日

抜け毛や薄毛でお悩みの方は 埼玉のOcTaWELLNESS発毛センター大宮駅前

 

 

関連記事

  1. 薄毛と不安の関係

  2. 発毛経過 37歳 男性-大手発毛サロンやAGAクリニック、H…

  3. 育毛発毛の天敵!DHT(ジヒドロテストステロン)を知って薄毛…

  4. 体を温めることで薄毛、抜け毛の予防

  5. 30代~60代の6割が薄毛を自覚!しかしその6割が「何もしな…

  6. 施術の様子を撮影