ブラッシングで育毛・発毛促進!一手間かけて薄げ・抜け毛を改善!

ブラッシングが育毛・発毛に影響してくるというのはご存知ですか?

髪は、日頃、大気汚染、紫外線、ヘアドライヤーの熱などにより多くのダメージを受けています。

様々なストレスから髪や頭皮をケアする方法として、ブラッシングは非常に重要になります。

 

ブラッシングは単にヘアスタイルを整えるだけではなく、いくつかの効果があるんです。

・髪や頭皮に付着したホコリやフケなどの汚れや抜け毛を取り除く整髪効果
・根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂をゆきわたらせ潤いを与える効果
・頭皮を適度に刺激することで血行がよくなり、毛根に栄養が届きやすくなるマッサージ効果

 

これらの効果を踏まえて、正しいブラッシング法をマスターしましょう。

まず、いきなり髪の根元からブラシを入れるのはNGです。

長い髪をブラッシングする際は、髪の毛を、

①毛先部分、

②真ん中部分、

③根元部分の

3パートに分けて、この順番にとかしていきます。

 

①毛先にブラシを通す

②毛先と根元の真ん中付近にブラシを通す

③根元から毛先に向かってブラシを通す

 

いずれも、ブラシをとかす方向は毛先に向かって行うのが基本です。

いきなり根元から毛先までを一気にブラシを入れてしまうと、

ブラシが髪の毛に引っ掛かりやすく、頭皮が引っ張られてダメージを受けてしまいます。

抜け毛や切れ毛の原因になるのはもちろん、日常的に負荷が頭皮に蓄積すれば、

確実に抜毛・薄毛へつながります。

 

ブラッシングをするタイミングとして、洗髪前や育毛剤をつける前には行うと良いです。

事前のブラッシングで、髪や頭皮の余分なホコリやフケが落ちて洗浄効果や育毛剤浸透効果がアップ。

髪のもつれを解いて、洗髪時の抜け毛を防ぐ働きもあります。
~よいヘアブラシの選び方~

素材は静電気を発生させず、毛先の柔らかいものが理想的。

豚毛や猪毛などのブラシは頭皮へのあたりも気持ちよく、髪につやをもたらしてくれるのでベストです。

ナイロン製のブラシは静電気が起きやすいため髪への負担はありますが、お手入れは簡単です。

それから、硬くて弾力性のない金属製のものも、頭皮や髪には刺激が強すぎてあまりよくありません。
髪をケアして美髪を保つために、日頃からまめなブラッシングを習慣化したいところです。

 

新宿店・大宮店で発毛体験受付中!!

今ならSS650レーザープレゼント!

https://8260.jp/hair/

octa320_100

関連記事

  1. 笑門来福 今年1年ありがとうございました。

  2. 薄毛・抜け毛を予防し育毛させる最善の方法は②

  3. 35歳男性の発毛実績!健常時とほぼ同等な状態まで発毛!!

  4. 発毛事例 29歳  薄毛が改善され別人のよう

  5. コラーゲンに育毛効果あり!驚きの薄毛改善の結果が!

  6. 【薄毛やM字はげの原因】薄毛とヘアサイクルの関係