女性に多い抜け毛や薄毛の主な原因は

女性に多い抜け毛や薄毛の主な原因には、以下のようなものがあります。

出産
出産した女性の多くが悩まされるのが、分娩後脱毛症。なぜ産後に髪が抜けるのかというと、それにはホルモンバランスの変化が大きく関係しています。妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されますが、出産が終わると一気に減少します。女性ホルモンは髪を成長させる作用があるため、ホルモンの減少により髪の休止期が成長期より長くなると毛が抜け薄毛になっていきます。通常産後2~3カ月にもっとも抜け毛が多く、1年ほどで気にならなくなることが多いようです。

更年期のホルモンバランスの乱れ
閉経を迎えると、女性ホルモンの分泌は急激に減少します。もともと、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が卵巣・皮下組織で生成されていますが、閉経によって女性ホルモンより男性ホルモンの方が多い状態に。男性ホルモンには抜け毛を引き起こす働きがあるため、更年期には急に抜け毛や薄毛になることが多いのです。

AGA(女性男性型脱毛症・FAGA=FemaleAGA)
女性ホルモンの分泌が盛んに行なわれていれば問題ないのですが、女性ホルモンは加齢と共に減少してしまいます。
早い人では35歳前後から女性ホルモンの分泌量が減少してきます。その結果、男性ホルモンの影響によりAGAが発症し頭髪が細く弱まり全体的に薄くなります。

ストレスや生活の乱れ
過度のストレスもホルモンバランスを乱すため、抜け毛の原因になります。また睡眠不足や過激なダイエット、喫煙などにより血流が悪化すると髪に十分な栄養が行き渡らなくなるため、抜け毛や薄毛になることがあります。

頭皮トラブル
シャンプーが正しくできていない・シャンプー剤が合っていないなどの理由から、乾燥や皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルが起こり、抜け毛につながることも。

 

初回お試しキャンペーン実施中

関連記事

  1. シナモン(ニッキ)で薄毛予防

  2. 育毛・発毛のために必要なケイ素 8つの効果 その1

  3. ドライヤーの正しい髪の乾かし方

  4. 円形脱毛改善!(3か月)

  5. 薄毛に悩む女性にオススメ!再生因子

  6. 頭皮のツボマッサージで抜け毛予防!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。