甘いものの食べ過ぎは薄毛を招きます。

「ケーキやパフェなどスイーツを食しているときはまさに至福の時間」と感じる方は多いですね。

でも、食べ過ぎは禁物。

これらはあくまで嗜好品として、ほどほどに食べるのが無難です。

 
ケーキなど甘いものに含まれる砂糖(精製された白い砂糖)や脂肪分は、一般に思われている以上に

身体に悪影響です。

確実に頭皮環境の悪化をまねき、薄毛を助長します。

 

まず、砂糖を摂ることで体内に必須なビタミンB群、亜鉛・銅などのミネラルが流失していきます。

ビタミンB群は、頭皮の新陳代謝を活性化したり、タンパク質が髪になるのを促進する働きがあるので、

発毛にとっても大切な栄養素なんです。

それが不足すれば、当然に正常な発毛のサイクルが乱れます。

 

砂糖(精製された白い砂糖)は、抜毛食品の代表格と言ってもいいくらいです。

「減塩」などより「減糖」するほうが、よっぽど健康にはいいのですよ。

 

 
まだあります。

 

身体を健康な状態に保つには、弱アルカリ性の状態にするのが理想です。

頭髪もこの弱アルカリ性に保つのが理想的です。

日頃、スイーツなどで砂糖を摂り過ぎると体が酸性に偏り、髪の毛も酸性に傾いていきます。

髪の毛は、酸性に傾くと、軟毛になり、抜け毛につながる可能性が高くなるのです。

 

 
また、ケーキなどのスイーツには「ショートニング」という人口植物油が使われています。

このショートニングは血液をドロドロにして、血液を詰まらせたりする大きな原因になります。

血液がドロドロで血行を悪くなれば、血液から運ばれる栄養素が毛母細胞に行き届かなくなり、

髪の毛は即、薄毛へとつながっていきます。

 

スイーツを食す甘いひと時は生活を彩るのに欠かせないですから、やめることはできませんよね。

でも食べ過ぎはやめておいた方がいいです。

スイーツの食べ過ぎは、あなたの髪にとって決してスイートな結果にはなりません。

 

bar_left_banner

関連記事

  1. 寒い雨の日は、、、

  2. 2017 新年のご挨拶

  3. 産後の抜け毛の原因と対策は?

  4. 珪素の脂肪分解作用!発毛、ダイエットにも◎

  5. 60代 男性の発毛経過!(8か月)

  6. 年末年始のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。