身近なもので育毛効果

女性の薄毛が増えてきた今日このごろ

女性の薄毛には

男性のAGA治療薬のような

薬がありません。

 

女性は特に

食事、生活習慣、ストレスの見直しが

大切になってきます。

 

 

育毛には

「IGF-1」という成長因子が

大きく関わっています。

 

「IGF-1」は

髪の元になる毛母細胞を増やし

髪の毛の寿命を延ばし

産毛が生えるのを促進します。

 

 

髪の毛だけでなく

体のいろいろなところで

必要な「IGF-1」ですが

この成長因子を増やすには

どうしたらよいのでしょうか。

 

 

 

「IGF-1」は知覚神経を刺激すると

増えることがわかっています。

 

 

この知覚神経を刺激する

代表的な物質は

唐辛子の辛味成分である

「カプサイシン」です。

 

 

そして、このカプサイシンの

効果をより高める物質が

大豆に含まれている

「イソフラボン」です。

 

 

胃や腸の知覚神経が刺激されると

刺激局所のみならず

全身の副交感神経が刺激されることになり

頭皮などの組織でも

「IGF-1」が増えて

育毛効果が発現します。

 

 

唐辛子と大豆食品の組み合わせで

育毛に効果的な食事になります。

 

例えば

スンドゥブチゲや

豆腐の味噌汁に七味をかけてもいいですね。

 

簡単に出来そうですよね。

ぜひ取り入れてください。

 

 

参考:薬害脱毛 岡嶋研二著

関連記事

  1. 頭皮の色でわかる健康状態

  2. 超オススメのシャンプー!!プレンツェルヘアケアシリーズ

  3. グリーンスムージー

  4. 紫外線から頭皮を守る!

  5. パーマやカラーを繰り返すと抜け毛が増える??

  6. ストレスと薄毛の関係!発散方法!