【薄毛・抜け毛の原因と対策】質の良い睡眠を

こんばんは、スタッフの三浦です。

 

みなさんの睡眠時間は、どれくらいでしょうか?

医学的には、1日の睡眠時間が7~8時間の人が

もっとも健康的で肥満!も少ないといわれています。

 

睡眠時間がすくないと、脳に疲労がたまり

ホルモン分泌も自律神経のバランスも悪くなります。

 

ここでメインになるホルモンとは、

メラトニンや成長ホルモンです。

メラトニンは、朝、光を浴びることによって

分泌されるホルモンで睡眠や生体リズムをつかさどる

ホルモンといわれています。

 

朝に光たいよう。を浴びてから約14時間後に分泌されて

自然に眠気が起こり、ぐっすりと眠れるシステムになっているのです。

 

昼夜逆転の生活では、

メラトニンの分泌がうまくいかなくなり、

睡眠ZZZの質が低下してしまいます。

 

光の効果は考えている以上に大きいと思って下さい。

実際にうつ病の治療などに光療法が取り入れられているほどです。

 

夜の22時~2時に成長ホルモンが出るといいますが

実際は、深い睡眠時に分泌のピークを迎えるそうなので

質の良い睡眠を心がけましょう。

 

抜け毛や薄毛でお悩みの方は、埼玉のOcTaWELLNESS発毛センター大宮駅前店
https://

 

関連記事

  1. 頭皮の血流回復にはどんな運動が効果的か?

  2. しょこたん、薄毛家系!!   

  3. 薄げ食材NO.1は、多めのスイーツ!!

  4. 2017 新年のご挨拶

  5. 髪の分け目が目立ってきた!女性の薄毛、育毛の悩み!!

  6. 頭皮のための正しいシャンプーの仕方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。