なぜコラーゲンに薄毛を改善し育毛や発毛効果が認められるのか?

OcTa WELLNESSの高橋です。

 

前回の続きでコラーゲンについてです。

 

この実験はアメリカで行われたものです。

 

実験の概要

コラーゲンの摂取量は、1日あたり14グラム

コラーゲンによる育毛・発毛実験の期間は2ヵ月

 

実験結果

髪の毛が約10%太くなった。

 

たったこれだけっと思われる方もいるかもしれませんが、

髪の太さの違いが見た目にも大きく影響します。

 

髪の毛の太さ

また、2ヵ月という短期間で効果が現れたことも驚きです!

通常、人の体質が変わるまでには3~4ヵ月かかると言われていますが、

2ヵ月で効果が現れたということはそれだけコラーゲンに高いポテンシャルがあることが分かります。

 

なぜコラーゲンに薄毛を改善し育毛・発毛効果が認められるのか?

コラーゲンは肌の内部にあります。

若々しい肌には欠かせないものですが、それは頭皮も同じこと。

頭皮にコラーゲンがしっかりとあれば、弾力性や柔軟性、さらには保湿性を高めてくれます。

コラーゲンが豊富な頭皮は丈夫な髪の毛が生えやすい頭皮環境になるのです。

年齢とともに減少していくコラーゲン。

つまり老化によるコラーゲンの減少が薄毛の一因になっているのです。

 

髪が細くなって困っている方、まずはコラーゲンを摂取してみてはいかがでしょうか?

OcTa WELLNESS店長の高橋でした。

 

 

関連記事

  1. 世界最高水準の再生医療技術を応用した再生因子で発毛促進!!

  2. お酒と薄毛・抜け毛の関係

  3. 正しい育毛剤の使用法

  4. 薄毛予防に効果のある生活習慣とは?薄毛と睡眠の関係!

  5. アーユルヴェーダー式 食事のコツ

  6. 男性型脱毛症の臨界点は?——男性型脱…